薬学部・英語体験記

#英語 #英語 #薬学部の人 #薬学部の人

薬学部と英語

薬学部薬科学科
黒木 花菜子

薬学部では、学部2・3年生の間に講義と実習を終わらせ、4年生になると研究生活が始まります。研究を始めてから英語に触れる機会は格段に増えました。例えば、自分の研究テーマに関する情報を集める際に論文をよく読むのですが、そのほとんどが英語で書かれています。英語がスラスラと読めた方が沢山の情報を集められるので、研究に英語は不可欠と言えると思います。

また、研究室内で英語を使ってプレゼンテーションすることもあります。研究成果がある程度まとまり学会で発表することになった場合、日本の学会であっても英語で発表をすることが多いため、それに向けたいい練習にもなります。私自身はまだ学会で発表をしたことがないのですが、他の人の発表を聞きに学会に参加したことはあります。海外からもたくさんの研究者が来ていて、英語を使ってコミュニケーションをとれた時は嬉しかったです。

このように、研究生活と英語は切り離せません。ただ、基本的な英語を研究室で改めて教わることはほぼないため、高校生の間にしっかりと勉強しておくといいと思います。

2019.3.31
文/東京大学薬学部薬科学科 黒木 花菜子