東大ではこれだけの外国語を学べます!―「使える英語」だけが語学じゃない

2019.11.28

外国語を学ぶ

#外国語学習 #外国語学習

語学特集

東大で外国語を学ぶ

東京大学の1・2年生は、2つの外国語を必修外国語として学びます。多くの東大生は、既習外国語として英語を学習し、初めて学ぶ第2外国語としてドイツ語・フランス語・中国語・ロシア語・スペイン語・韓国朝鮮語・イタリア語の7つのうち1つを選んで学習します。この7つ以外の言語も多数学ぶことができ、第3外国語にチャレンジする人もいます。東大生はどのように外国語を学び、学んだ外国語を使ってどのような体験をしているのでしょうか?さまざまな外国語を学ぶ東大生に、詳しくお話をききました。

東大で学べる英語以外の言語

ドイツ語  フランス語  中国語  ロシア語  スペイン語  韓国朝鮮語  イタリア語  アラビア語  インドネシア語  広東語  セルビア・クロアチア語  タイ語  台湾語  トルコ語  ヒンディー語  ベトナム語  ヘブライ語  ペルシア語  ポーランド語  ポルトガル語  モンゴル語  ラテン語  ギリシア語  サンスクリット語  上海語

(2019年11月28日現在 「キミの東大」企画・編集チーム調べ)

ドイツ語

和泉さんドイツスナップ
  • 和泉さんドイツ語本人
    和泉砂絵さん(文科一類)
    左の写真はドイツ語の授業ノートです。見直した時にわかりやすいよう、整理して書くことを心がけています。ある程度勉強が進んでから、かつて苦戦していた箇所を見直してみると、自分の成長が目に見えて分かってモチベーションの維持につながります。
    また、東大では第2外国語をクラスで受講するので、クラスの仲も深まります。右の写真はクラス旅行で鎌倉に行った際の写真です。勉強も遊びもみんなで一緒に頑張っています。

横山さんドイツスナップ
  • 横山さんドイツ本人
    横山果南さん(医学部医学科・3年)
    私は、春休みにドイツのボンで行われたドイツ語TLP語学研修に参加しました。ボンは、かの有名な作曲家、ベートーベンの生家がある地として知られており、左の写真は、市内の中心部にあるベートーベンの像です。せっかくの機会だったので、本屋さんを訪れ、ミヒャイル・エンデの『モモ』や、シェイクスピアの英独対訳を購入(右の写真)。ストーリーを早く読めるようになりたい!と、良い勉強のモチベーションになっています。

神田さんドイツスナップ
  • 神田さんドイツ本人
    神田知樹さん(工学部応用化学科・3年)
    1年生は第2外国語によってクラス分けがされるのですが、東大の学園祭である五月祭や駒場祭では、自分たちが履修する語学にちなんだものを販売することが多いです。この写真は1年生のとき、五月祭でドイツ語にちなんでホットドッグを販売したときに作ったTシャツです。クラスのみんなで協力していい思い出になりました。

〈トップに戻る〉

フランス語

甲斐さんフランススナップ
  • 甲斐さんフランス本人
    甲斐凜太郎さん(法学部第2類・3年)
    こちらは1年半にわたるTLPカリキュラムの最終日を迎え、笑顔で集合写真を撮るTLPフランス語クラスの様子です。TLPの受講者は皆が英語に堪能であり、語学に対する熱意が人一倍強い学生が集まっていました。日本語や英語と対比させながらフランス語の文法事項を理解するというのはTLPならではの勉強方法だったと思います。多角的に言語を眺めることで、特定の言語に限らず、総合的に言語能力を向上させることができました。

〈トップに戻る〉

中国語

小松さん中国スナップ
  • 小松さん中国本人
    小松詩織さん(法学部・4年)
    北京オリンピックを契機として急速に発展する中国という国に衝撃を受けたのは私がまだ小学生の頃でした。「将来は中国に関わることがやりたい。」そんな思いから、大学入学後、第2外国語として中国語を選びました。写真は、3回目の訪中のときのもの。日中友好条約締結40周年という節目に、日中合わせて1000人以上が一同に会する「日中大学生千人交流大会」の日本代表の司会を務めました。現在は日中友好青年大使に任命され、中国の多くの企業を訪問しています。

下松さん中国スナップ
  • イラスト女子
    Y.Sさん(人文社会系研究科・修士1年)
    主題科目の授業で南京大学に伺い、現地の学生とともに南京市街のフィールドワークを行いました。「新村」と呼ばれる住宅街に入り、住民の方へインタビューをする中で、南京の方の普段の生活の様子や日本に対する感情のありのままを知ることができました。最終日には南京大学の皆さんに観光地にも連れて行ってもらったのですが、お土産屋さんで目にしたものは何やら見覚えがあるような…。

本村さん中国スナップ
  • 本村さん中国本人
    本村麗さん(文科三類・1年)
    中国語は、他の言語と比べると漢字や熟語など日本語と似ている点も多いですが、違う点も多くあります。例えば語順などはかなり直感的に理解しやすいのですが、発音がとても難しいです。授業では主に教科書を使って会話の練習や文法について学習していて、写真はある日のノートです。先生がしてくださる説明がとても丁寧で、興味深いです。
    あと、出欠を取る時に名前が中国語読みで発音されるのですが、いつもと違うもう一つの名前ができたようでなんだか嬉しいです(笑)

〈トップに戻る〉

ロシア語

坂間さんロシア語スナップ
  • 坂間遥さん(文科二類・2年)
    左の写真は、TLPロシア語ロシア研修でモスクワを訪問した際の写真です!この研修では、非常に安い値段でサンクトペテルブルク大学の語学学校で学ぶことが出来ました。観光も充実しており、素晴らしい経験となりました。
    右の写真は、その研修先で買ったロシア語の本たちです。ドストエフスキー、ゴーゴリ、ブルガーコフ…大好きな彼らの作品を原文ですらすら読めるようになることを目標に、ロシア語学習に励んでおります!

松野さんロシアスナップ
  • 松野さんロシア本人
    松野大河さん(理科一類・1年)
    ロシア語って、キリル文字が難しい!?
    顔文字の「(´・д・`)」の中の「д」や「Я」のように、一見不思議で難しそうな気がします。しかし、キリル文字はたったの33文字。実は平仮名よりも少ないのです。
    理系でロシア語を第2外国語とするクラスは、3学級合同で合宿や文化祭に参加するなど結束が強く、よりたくさんの個性的な人と知り合うことができるのも良いところです。ちなみに私の写真も今年の合宿で撮ったものです。

穂原さんロシアスナップ
  • 穂原さんロシア本人
    穗原充さん(教養学部教養学科地域文化研究分科ロシア・東欧研究コース)
    2019年9月にロシアミッションという国際交流プログラムに参加しました。このプログラムでは日本人学生とロシア人学生が集まってSDGsや日露関係を議論した他、両国の史跡を訪問するなどして理解を深めました。写真はロシア連邦院を表敬訪問した際に上院議員の方にロシア語であいさつと質問をしたときの1枚です。ロシア語というマイナー言語をやっているといろいろな機会に遭遇できますよ!

〈トップに戻る〉

スペイン語

中根さんスペインスナップ
  • 中根さんスペイン本人
    中根葵さん(理科一類・1年)
    左の写真は演習の授業で頂いたプリントです。cigarro(たばこ)、barril(樽)など巻き舌がたくさん出てくる早口言葉をクラスの皆で練習しました。日本人にとって巻き舌は難しいですが、巻くか巻かないかで違う単語になるので大変です。右の写真は顔の各部位の名称で、自宅のホワイトボードに書き出して覚えています。学校では主に文法を学ぶので、語彙は自分で増やしていくことでどんどん読めるようになると思います。

〈トップに戻る〉

韓国朝鮮語

好永さん韓国スナップ
  • 好永さん韓国語本人
    好永るり佳さん(理科二類・2年)
    左の写真は、五月祭で韓国風かき氷のお店を出した時のもの。大学に入学する前から興味がありましたが、仲間と一緒に学ぶ韓国朝鮮語はいっそう楽しかったです。東大では、韓国朝鮮語の会話や読解の授業も開講しているので、友人といっしょに受講して切磋琢磨しながら勉強しました。韓国語能力試験を受験したときには、勉強の成果を発揮することができました。成績表は大事に取ってあります(写真右)。

〈トップに戻る〉

ラテン語

大網貴之ラテン語スナップ
  • 大網貴之ラテン語本人
    大網貴之さん(文科三類・2年)
    古代に想いを馳せたことはありますか?ラテン語はあなたをはるか昔のローマへと導いてくれます。ただし、文法事項と独特な語順についていければの話ですが!このノートにもたくさんのメモ・修正がしてあります。毎週の予習が大変でしたが、文章の意味が理解できると達成感がありました。歴史好きの方・語学マニアの方には是非お勧めしたいです。(私も外国語は英語以外に4つやりました!)
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム