• TOP >
  • 東大生インタビュー >
  • 推薦生2019 >
  • 「浪人してからトライした推薦入試。美術史を学ぶことで、幅広い人に美術の魅力を伝えたい」――2019推薦生インタビュー(3) 文学部

「浪人してからトライした推薦入試。美術史を学ぶことで、幅広い人に美術の魅力を伝えたい」――2019推薦生インタビュー(3) 文学部

「浪人してからトライした推薦入試。美術史を学ぶことで、幅広い人に美術の魅力を伝えたい」――2019推薦生インタビュー(3) 文学部

推薦生2019

#推薦入試 #推薦入試 #文学部の人 #文学部の人

2019推薦生田村さん

PROFILE

田村天さん(文学部進学予定)

出身地 千葉県
高校  日出学園高等学校

―東大の推薦入試にチャレンジしたきっかけを教えてください。

私は一浪していまして、浪人中に挑戦したいと思うようになりました。高校在学中に学校の先生から推薦を受けてみてもいいんじゃないかと言われたことはあったのですが、東大の推薦入試は科学オリンピックで優勝するような、スーパー高校生ばかりだという報道もあって、自分はそこまで学力はないからと諦めたんです。

―なぜ、現役のときに推薦入試を諦めたのですか?

文学部に進みたいなとは思っていたものの、高校生活も忙しかったですし、東京大学を受けるのに学部まで決めなくてもいいかと思って、一般入試で文科三類を受験しました。

―田村さんは文学部で何の研究をしたいのでしょう?

特に関心があるのは、20世紀の西洋美術です。文学部の美術史学専修に進もうと思っています。

―美術には以前からずっと関心があったのですか。

幼い頃から美術館にはよく行っていました。東大の推薦入試では、今まで行った美術展をまとめた表などを提出しました。
チケットがいくつか残っていた程度で、その時々の記録はそんなにとっていなかったのですが、写真を引っ張りだして資料をまとめ直しました。非常に労力がかかりました。

―本格的に美術史に関心を持つようになったきっかけとは?

高校3年生の時に、世界史の美術史の勉強になるかと思って美術検定のテキストを読んだのが、学問的な美術というものに興味を持つきっかけになりました。今まで美術館で見てきた有名な画家の美しい絵を、歴史の流れを通じて見ることでその意義などの変遷がわかってきて、すごく面白いと思ったんです。

―美術史の研究で推薦を受けようと決めたのも高校卒業後?

はい。一浪して、模試の点数もそんなに悪くなかったので時間の余裕ができました。そこで、今度は推薦入試にチャレンジしてもいいかなと思いました。それなら学問分野を絞ったほうがいいだろうということで、美術史をやろうと。美術史の学問的な方法も、浪人になって初めて探し始めたような感じです。

―大学で研究したいことは具体に決まっているのでしょうか。

20世紀美術の中で、有名なのはピカソですが、僕が特にやりたいのはパウル・クレーというスイスの画家についてです。幻想的な色彩表現など独自の抽象絵画を手がけた画家です。抽象絵画というと、はじめは苦手だったのですが、中学時代に所属していた合唱部で歌った曲に、クレーの絵画をテーマにした曲があり、クレーのことを知りました。高校1年生のときにクレーの展覧会が宇都宮美術館で開催されたので観に行こうと思った時に、たまたまテレビの番組でクレーの絵の見方を解説していました。解説を見た上で実際の作品を見ることで、表現の豊かさ、絵画にこんなに広がりがあるんだということを知り、クレーへの関心が高まりました。

―東京大学に入って1ヶ月経ちましたがどうですか?

そうですね、推薦入学の学生はもちろんですけれども、一般入試で入学した方との交流も刺激的です。東大だからこそ出会えるような個性的な人たちと話すことができ、とても楽しいです。

―ご自身の関心にぴったりの授業はありましたか?

三浦篤先生の美術論を受講しています。これまでにこの先生の著書で美術に対する見方などを学んできたので、復習のような感じですが、生の声で授業を聞けるのが面白いです。

―将来は研究者への道を目指すのでしょうか。

研究者のルートも考えてはいますが、職を固定しすぎるのはよくないと思っています。高校時代、同級生には美術鑑賞をしている人がいなくて、自分の関心のあるテーマを誰とも共有できませんでした。こうした経験もあって、研究を目的にするより、より幅広い世代の人に美術を楽しんでもらいたいという思いの方が強いなと最近は思うようになってきました。職を限定せず幅広く学んで、何かできたらなと思います。

―最後に高校生へのメッセージをお願いします。

推薦入試はスーパー高校生とか小さい時から何かを研究をしてきた人のための制度のようなイメージがあるかもしれませんが、それが絶対の条件ではないです。自分が大学で何をやりたいかをしっかり見つめ直して、「これをやりたい」という強い想いがあったら、十分挑戦してみる価値があると思います。それに推薦入試に向けて頑張ったことは、確実にその後の人生につながり、大きなステップアップになると思うので、ためらわずにぜひチャレンジしてほしいです。

―ありがとうございました。これからもチャレンジを続けてください。

 

2019.10.09
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム