「先輩方にならい推薦入試にしました。 将来は宇宙工学の技術者になりたいです」――2018新入生インタビュー(18)

「先輩方にならい推薦入試にしました。 将来は宇宙工学の技術者になりたいです」――2018新入生インタビュー(18)

新入生2018

#推薦入試 #推薦入試 #理科1類 #理科1類 #インタビュー #インタビュー #入学式 #入学式

PROFILE

  • 氏名:   田口康之
  • 出身校:  東京都立武蔵高等学校
  • 入学:   2018年 理科1類(推薦入試・工学部)

――推薦入試を目指そうと思ったきっかけや時期を教えてください。

高3の時に「国際地理オリンピック」に出場しました。その時、過去に代表だった先輩方が東大の推薦入試で入学されたと聞き、自分も推薦入試を受けてみようと思いました。

――先生に推薦入試のことを伝えたときはいかがでしたか?

先生もそれなら受けてみては?と、勧めてくれました。

――工学部の推薦入試の準備はいかがでしたか?

かなり大変でした。作文の準備をすればいいというだけではなく、将来やりたいことを自分の経験を生かし、科学的アプローチをもちいて解決するという方針に合わせて答えていけるか、というところを用意するのに時間がかかりました。

――「やりたいこと」は何を語られたのですか?

僕がやりたいのは宇宙工学の技術者になるということです。小さい頃から乗り物が好きで、宇宙研究所や科学博物館などを見学に行っていました。

――高校時代に宇宙に関することで、何か活動されていましたか?

「科学の甲子園」の東京都大会に出場して、実際に四輪車をつくり、ものづくりの楽しさを知ると同時に、試験で科学的能力を養ったりしました。

――東大工学部でこの先生に習いたいという方はいますか?

まだはっきりとは決まっていません。いろいろな先生方の研究室を見てから決めていきたいです。

――将来こんな社会になってほしいとの思いはありますか?

変化が多い時代ですから、今までの固定観念にとらわれずに、工学でもその他の分野でも独創的なことを恐れずやっていける社会になるといいかなと思います。自分もその一員になりたいと思います。

――座右の銘は?

そうですね…。昨日の講義で聴いた“Things you didn’t know you need to know”という言葉をあげたいです。その先生は、今は何に役立つか分からないけれども、知らないことはどんどん知っていくべきだという意味だとおっしゃっていました。これからの座右の銘にしたいです。

 

2018.08.09
取材/東京大学高大接続研究開発センター 教授・濱中淳子
構成/ライター・大島七々三