• TOP >
  • 東大生インタビュー >
  • 新入生2021 >
  • 「中学の頃からぼんやり思い描いていた東大進学。文1で政治学を学びながら将来の可能性を探りたい」――2021新入生インタビュー 文科一類

「中学の頃からぼんやり思い描いていた東大進学。文1で政治学を学びながら将来の可能性を探りたい」――2021新入生インタビュー 文科一類

2021.07.12

新入生2021

#文科一類 #文科一類 #インタビュー #インタビュー

2021新入生礒崎さん

PROFILE

  • 氏名:   礒崎いそざき 竜之介りゅうのすけ さん
  • 出身校:  本郷高校(東京都)
  • 入学:   2021年 文科一類

――東大を目指すことはいつ頃から考えていましたか。

中高一貫校に通っていたのですが、高校からは毎年東大合格者が複数人出ていて、東大を目指すという意識は中学の時から漠然と持っていました。明確に東大を目指そうと心に決めたのは、高1の夏頃からでした。

――文科一類を選んだ理由はなんですか。

高校の「政治・経済」の授業を受けて、なんとなくしっくりきたということがあり、政治学に興味を持ったのがきっかけで、文科一類を志望しました。2年後の進学選択でも選択肢が広がるんじゃないかとも思っています。

――授業で面白そうだと思ったものはありますか。

今、履修を組んでいるところなのですが、数学もとりましたし、経済もとりました。政治とか心理学とかも面白そうだなと思っています。教養課程でいろいろなことを学べるのがいいなと感じています。「日本の政治」という授業があるのですが、その授業でいろいろなことが学べそうだと楽しみにしています。

――将来、就きたい職業は決まっていますか。

まだあまり決まっていないです。今の段階では、どちらかというと研究者というよりは社会に出て活躍したいと思っています。教養課程の2年間で探していけたらと思います。

――なにかサークルなどは探していますか。

サークルはいろいろ見ています。運動系に入るかもしれないですし、経済系のサークルも見てみました。まだ考え中です。

――ちなみに、高校時代は勉強以外に部活や課外活動をしていましたか。

部活はフェンシング部に入っていました。厳しい部活ではなかったので、勉強時間が部活のせいで減るということは全くなく、勉強に支障はありませんでした。フェンシングは個人戦なので、自分の工夫や努力次第で結果がついてきますし、そういうところも楽しかったです。自分で戦略を考えないといけないというところは、勉強にも通ずるところがあったのかなと思います。

――では、最後に高校生にメッセージをお願いします。

高校3年間というのはいろいろな体験ができる時期ですが、やり直しはきかないですし短いので、精一杯楽しんでいただきたいです。

――ありがとうございました。

 

取材/2021年4月
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム