• TOP >
  • 東大生インタビュー >
  • 新入生2021 >
  • 「外国のニュースや世界史の学習から西アジアに興味を持つ。国際関係について学びを深めたい」――2021新入生インタビュー 文科一類

「外国のニュースや世界史の学習から西アジアに興味を持つ。国際関係について学びを深めたい」――2021新入生インタビュー 文科一類

2021.07.12

新入生2021

#文科一類 #文科一類 #インタビュー #インタビュー

2021新入生仲里さん

PROFILE

  • 氏名:   仲里なかざと 尚子しょうこ さん
  • 出身校:  昭和薬科大学附属高等学校(沖縄県)
  • 入学:   2021年 文科一類

――なぜ文科一類を選んだのですか。

国際関係に興味があって、それなら法学部かなと思って、文1を選びました。最近、教養学部で国際関係論を学べると知って、文1からも教養学部を目指すことができるので、選んでよかったなと思っています。

――国際関係に興味をもったのはなぜですか。

少し前になりますが、いわゆるイスラム国(IS)についての報道が多かった頃、はじめはイスラム圏全体が過激なのかなと思っていたのですが、世界史を学ぶと、そうではないということもわかってきて、学んでいくうちに西アジア文化圏について興味をもつようになりました。世界史を勉強したことで視野が広がって、国際関係についてもどんどん興味が湧いてきたという感じです。

――もうすぐ授業が始まりますが、受けたい授業は決まりましたか。

実はまだ、全然検討できていません。でも明日から授業が始まるので、ちょっと焦っています。

――まわりの人にどんな授業を受けるか、聞いてみるといいかもしれませんね。授業以外の、サークルや課外活動でやりたいことはありますか。

吹奏楽部系かバドミントンのサークルに入りたいと思っています。
吹奏楽部は高1まで4年間ほどやっていて、1回離れたんですけど、高3のときにやっぱりやりたいなってすごく思ったので。

――吹奏楽の経験者なのですね。バドミントンをやりたいのはどうしてですか。

健康のためにも体を動かしたいと思っています。まわりの人がバドミントンをやっていたので、スポーツの中ではバドミントンに勝手に親しみを感じています。ただ、引っ越しなどでずっとてんやわんやしていて、サークルに連絡をとるのはこれからです。

――ちなみに、どちらから引っ越してきたのですか?

沖縄県です。

――沖縄から東京に来たのですね!

はい。昨日、クラスのオリエンテーションがあったんですけど、沖縄出身はめずらしくて、みんなが覚えてくれました。

――最後に、高校生へのメッセージをお願いします。

私のように沖縄から東大に来る人はかなり少ないですが、ちゃんと一生懸命勉強したら合格できると思いますので、あきらめないでがんばってほしいです。

――ありがとうございました!

 

取材/2021年4月
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム