• TOP >
  • 東大生インタビュー >
  • 新入生2019 >
  • 「きっかけは本郷キャンパスの総合図書館のかっこよさ。研究者を目指し理学部で理論系の研究をしたい」――2019新入生インタビュー(9)理科二類

「きっかけは本郷キャンパスの総合図書館のかっこよさ。研究者を目指し理学部で理論系の研究をしたい」――2019新入生インタビュー(9)理科二類

2019.07.30

新入生2019

#理科二類 #理科二類 #インタビュー #インタビュー

2019新入生西森さん

PROFILE

  • 氏名:   西森にしもり 勇人はやと さん
  • 出身校:  生野高等学校
  • 入学:   2019年 理科二類

――東大を志望し始めたのはいつですか?

高3の春です。キャンパスツアーに来て、本郷キャンパスの総合図書館がかっこよかったので、ここで勉強したいと思いました。出願するときに理科一類と二類の違いが分からなかったので、コイントスで理科二類の出願を決めました。

――他に東大志望の決め手になったことはありますか?

教養学部に入ってから、進学選択でその先を決められるのがいいと思いました。希望の学科に進めるように勉強を頑張りたいです。

――特に興味のある分野や、将来進みたい専門分野は決まっていますか?

研究職を目指していて、理学部に進みたいと思っています。理論系の研究をしたいと思っていますが、興味のある分野はこれから探していこうと思っています。

――大阪のご出身ですが、周りに東大を志望するお友達はいましたか?

あまりいませんでしたが、同学年に高校1年から東大を目指していた友人がいたので、情報共有しながら勉強することができました。

――すでに授業が始まっていると思いますが、楽しみな授業はありますか?

今年から「アドバンスト理科」という授業開講されていて、それが一番楽しみです。

――サークルやアルバイトはどうする予定ですか?

東大ピアノの会に入りたいです。ピアノは長年の趣味で、受験勉強の合間もよく弾いていました。生活リズムが分かってきたら、家庭教師などのアルバイトがしたいです。

 

取材/2019年4月
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム