• TOP >
  • 東大生インタビュー >
  • 新入生2019 >
  • 「予備校で面白さに衝撃を受けた物理学をさらに深めたい。オーケストラ部で音楽活動も継続予定」――2019新入生インタビュー(8)理科一類

「予備校で面白さに衝撃を受けた物理学をさらに深めたい。オーケストラ部で音楽活動も継続予定」――2019新入生インタビュー(8)理科一類

2019.07.30

新入生2019

#理科一類 #理科一類 #インタビュー #インタビュー

2019新入生田村さん

PROFILE

  • 氏名:   田村たむら 香絵かえ さん
  • 出身校:  東京学芸大学附属高等学校
  • 入学:   2019年 理科一類

――理科一類だと女子が少ないイメージですが、実際のところいかがですか?

私は韓国語のクラスなんですが、女子の人数は思ったよりも多いです。今年は特に女子が多いそうです。

――どんな専門分野に興味をもっていますか?

物理学に興味をもっています。浪人中に通っていた予備校の先生が物理の面白さを伝えてくれて、それに衝撃を受けてさらに深めたいと考えるようになりました。

――浪人する前から東大を目指していたのですか?

はい。横浜出身で、高校が進学校だったので自然な流れで東大を志望しました。現役の頃も理1を目指していたのですが、浪人してさらにやりたいことが明確になった感じです。

――勉強以外で東大でやりたいことはありますか?

私は音楽をずっとやってきて、高校時代はオーケストラ部に所属していたので、大学でもオーケストラ部に入りたいと思っています。すでにサークルオリエンテーションには行ってみたのですが、雰囲気がとても良かったです。入学式ではオーケストラ部の演奏が聴けるので楽しみです。

 

取材/2019年4月
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム