• TOP >
  • 東大生インタビュー >
  • 新入生2019 >
  • 「幅広く学べるリベラルアーツ教育や本郷キャンパスに憧れ。将来は教育系の心理カウンセラーも選択肢の一つ」――2019新入生インタビュー(4)文科三類

「幅広く学べるリベラルアーツ教育や本郷キャンパスに憧れ。将来は教育系の心理カウンセラーも選択肢の一つ」――2019新入生インタビュー(4)文科三類

2019.07.30

新入生2019

#文科三類 #文科三類 #インタビュー #インタビュー

2019新入生仙田さん

PROFILE

  • 氏名:   仙田せんだ 修子しゅうこ さん
  • 出身校:  甲南女子高等学校
  • 入学:   2019年 文科三類

――東大を意識したきっかけは何ですか?

高2の夏にオープンキャンパスで東大に来て、本郷キャンパスに憧れました。また、さまざまな学問を幅広く学べるリベラルアーツ教育にも魅力を感じました。

――東大で学んでみたい分野はありますか?

まだ具体的には決まっていないのですが、文学や心理学に興味があります。

――将来のキャリアについてはどんな希望がありますか?

高校生の時は語学を生かした仕事に就きたいと思っていたのですが、最近は教育心理や健康心理を勉強して、教育系の心理カウンセラーになるのも選択肢の一つに考えています。

――教育系の心理カウンセラーに興味を持ったのは、どういったきっかけですか?

大学で何気なく受講した「教育臨床心理学」の授業が面白かったこと、私自身が中高時代に素敵な先生方やカウンセラーの方に恵まれていたこと、などが理由です。

――すでに大学の授業をきっかけに興味が広がっているんですね。実際に東大に通ってみて、印象はいかがですか?

東大にはすごくよい環境が整っていると思います。周りの学生の意識も高くて、自分も感化されていくのを感じます。私は兵庫県出身なのですが、出身校から東大に入学したのは私1人だったので、最初は周りに知っている人が誰もいなかったんです。ですが、入学前の「オリ合宿」(オリエンテーション合宿)などですぐにクラスのメンバーと打ち解けることができました。

――出身校から1人で入学しても、「オリ合宿」ですぐに友人と打ち解けられたのですね。ちなみにどこに行きましたか?

伊豆に行きました。すごく楽しかったです。

――ぜひこれからも人脈を広げて、大学生活を楽しんでください!

 

取材/2019年4月
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム