• TOP >
  • 東大生インタビュー >
  • 新入生2019 >
  • 「模擬国連への参加をきっかけに外務省を目指す。国際関係論の授業で学んだことを将来に活かしたい」――2019新入生インタビュー(1)文科一類

「模擬国連への参加をきっかけに外務省を目指す。国際関係論の授業で学んだことを将来に活かしたい」――2019新入生インタビュー(1)文科一類

2019.07.30

新入生2019

#文科一類 #文科一類 #インタビュー #インタビュー

2019新入生鹿子木さん

PROFILE

  • 氏名:   鹿子木かのこぎ なぎさ さん
  • 出身校:  女子学院高等学校
  • 入学:   2019年 文科一類

――いつから文科一類を目指されましたか?

高3の春まで文科二類志望でしたが、高3の夏に、将来の進路を考えて文科一類に変えました。

――興味が経済学から法学へ移ったという感じでしょうか。

もともと金融に興味があったので文科二類を目指していたんですが、周りの人や親と話す中で、外務省に行きたいという気持ちが芽生えました。官僚になるなら文科一類がいいかなと思って、志望を変えることにしました。

――外務省を目指すきっかけは何だったんですか?

高2の秋に個人で模擬国連に参加したことです。アメリカを担当して、そこで外交に興味を持ちました。

――すでに授業が始まっていると思いますが、一番興味を持って取り組んでいる科目を教えてください。

一番楽しいと思うのは国際関係論の授業です。授業で学んだことを吸収して、将来に活かしたいです。

――世界的な視野をもって大学で学ばれることになりそうですが、大学での学びや将来のキャリアを通して、これからどんな世の中を作っていきたいと思いますか?

移民問題についてもっと考えていきたいと思っています。移民を受け入れる国は治安が悪くなると考えられていたりして、難しい問題ではありますが、世界で協力して解決していけるといいですね。

――最後に高校生に向けてのメッセージお願いします。

高校時代は将来の選択肢がたくさんあると思うので、色々考えて、じっくり進路を決めていってほしいと思います。
 

取材/2019年4月
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム