「東大に行くなら理一と決めていました。理論系の研究をしつつ、陸上部も頑張ります」―2018新入生インタビュー(5)

2018.08.09

新入生2018

#理科一類 #理科一類 #インタビュー #インタビュー #入学式 #入学式

PROFILE

  • 氏名:  福元啓悟
  • 出身校: 開成高等学校
  • 入学:  2018年度 理科1類

――東大を目指したのはいつ頃からですか?

目指すというより中 2 くらいから漠然と東大を意識してました。自分が理系だということはわかっていたので、行くなら理一だろうと。他の科類を検討したことはないです。

――中高一貫校ですか?

中学までは公立に通っていました。高校から開成高校に行きました。

――高校時代は運動会が大変だったのでは?

運動会も大きなイベントですが、個人的には部活で陸上を頑張っていました。中学は短距離で、高校から長距離をやっていました。高 3 でも勉強より陸上のほうを頑張っていたと思います(笑)。

――理一に入って、工学部や理学部など、進みたい専門分野は決まっていますか?

明確には決まっていませんが、抽象的なことを扱いたいです。理論系ですね。パソコンでシステムを作ったり、物理の理論を作る方に行きたいです。

――大学時代の抱負を教えてください。

もう陸上部に入ったので、陸上と勉強を頑張ります!

 

2018.08.09
取材/東京大学高大接続研究開発センター 教授・濱中淳子
構成/ライター・大島七々三