• TOP >
  • 東大に入ろう >
  • 新入生(2022-2018) >
  • 「エンジニアになりたくて理1を選びました。社会にインパクトを与えるものをつくりたい」――2018新入生インタビュー 理科一類

「エンジニアになりたくて理1を選びました。社会にインパクトを与えるものをつくりたい」――2018新入生インタビュー 理科一類

#学生インタビュー #学生インタビュー #理科一類 #理科一類 #新入生 #新入生

PROFILE

  • 氏名:   日塔諒太さん
  • 出身校:  東京都立武蔵高等学校
  • 入学:   2018年度 理科一類

――東大を目指したのはいつごろですか?

高1の夏です。それまでは他大も視野に入れていたのですが、担任の先生に勧められて。といってもまだその時はあまり深く考えていませんでした。

――理科一類を選んだ理由は何ですか?

エンジニアになりたいので理1を選びました。機械工学を学んで、ものづくりに携わりたいのですが、まだ具体的に何をつくりたいかは決まっていません。鉄道や車といった大きなものか、あるいは小さいロボットなども作ってみたいです。

――工学を通してこういった社会を作りたいという思いはありますか?

社会を作っていくというより、どんどん変わっていく社会の中でインパクトを与えるようなものを作りたいです。

――高校時代に勉強以外に頑張っていたことはありますか?

高3の春まで陸上競技部に所属していました。長距離です。大学でどうするかは、これから考えます。

――学習面も課外活動面も、これだ!と思えるものに出会えるといいですね。ありがとうございました!

 

取材/2018年4月
インタビュー/東京大学高大接続研究開発センター教授・濱中淳子
構成/大島七々三
※ページ内容は作成時のものです。