• TOP >
  • 東大生インタビュー >
  • 新入生2020 >
  • 「物理や情報系への興味から理1へ。サークルやゲーム制作を楽しみながら、将来使えるスキルを身につけたい」――2020新入生インタビュー(8)理科一類

「物理や情報系への興味から理1へ。サークルやゲーム制作を楽しみながら、将来使えるスキルを身につけたい」――2020新入生インタビュー(8)理科一類

2020.07.30

新入生2020

#理科一類 #理科一類 #インタビュー #インタビュー

2020新入生石田さん

PROFILE

  • 氏名:   石田いしだ 悠一郎ゆういちろう さん
  • 出身校:  東京都立日比谷高等学校
  • 入学:   2020年 理科一類

――東大の理科一類を選んだのはなぜですか?

まだ進路がちゃんと決まっていなくて、2年間高校より進んだものを勉強をして、そこでじっくり決めたいと思ったからです。

――どんな分野に興味がありますか?

物理系だとか情報系に興味があります。
物理は、単純に高校の勉強が好きで関心を持ちました。
情報系は、ゲーム好きなので、自分で作ってみたいと思っており、興味があります。

――今、すでにゲームを作っているんですか?

いや、まだです。これから作っていきたいなと思います。時間もありますし。

――大学に入るまでに、悩んだことや苦しんだことはありましたか?

あんまりないかな。

――大学への進学を一番喜んでくれた人は誰ですか?

母ですかね。

――大学では、勉強以外ではどんなことをしたいですか?

サークル活動で知り合いを増やせたらいいなと思います。

――どんなサークルに興味がありますか?

今のところ考えているのはテニスです。中高と部活でやっていたので。

――アルバイトとかは考えていますか?

大学が始まって余裕があったらやりたいです。

――将来の夢はありますか?

進路ともつながるんですけど、物理の量子コンピュータとか面白そうだなと。あとITのエンジニアとかいいかなと思っています。
大学では、将来に使えるスキルをしっかり身につけたいと思っています。

――ありがとうございました。大学生活を楽しんでください。

 

取材/2020年3月
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム