• TOP >
  • 東大生インタビュー >
  • 新入生2020 >
  • 「サッカー一筋の高校生活から東大へ。飛行機やロケットに関心があり、航空宇宙工学科に進みたい」――2020新入生インタビュー(7)理科一類

「サッカー一筋の高校生活から東大へ。飛行機やロケットに関心があり、航空宇宙工学科に進みたい」――2020新入生インタビュー(7)理科一類

2020.07.30

新入生2020

#理科一類 #理科一類 #インタビュー #インタビュー

2020新入生河西さん

PROFILE

  • 氏名:   河西かさい けん さん
  • 出身校:  武蔵高等学校
  • 入学:   2020年 理科一類

――東大を目指したきっかけを教えてください。

目指し始めたのは中1からです。高校でも周りに東大を目指す人が多かったので、触発されて目指しました。
父が東京大学の法学部出身 というのがあって、もともと東大に行くものかなと思っていました。小さい頃のことで覚えていないですけど、父に五月祭に連れていってもらったこともあるらしく、家でも「東大」というワードを聞くことはありました。

――理1に決めたのはなぜですか?

理科が好き、飛行機が好きで、航空宇宙工学科に行きたいという気持ちがあったので、文科はないかなと。中1の時点では文理は決めていなかったですが、中3の頃には理系に進もうと心に決めていました。

――理科の中では何が好きですか?

物理です。得点がとれたのは化学ですが、好きなのは物理です。

――航空宇宙工学科に行きたいと思ったのはどういう理由からですか?

宇宙に興味があって、飛行機やロケットとか、そういうものが好きだったので。「航空宇宙工学科に行って何やりたい」というのは、今はまだはっきりしていないのですが、昔から飛行機全般が好きでした。

――宇宙に関心を持つ人では、飛行機やロケットを作る研究をしている人たちのほかに、理学部で天文学を研究している人たちもいますが…

教養課程で学ぶ中で、作るほうか天文学的な研究に行くか、方向性が決まるかもしれません。今は未定です。

――将来のプランはありますか?

研究職に就いて、研究したいなと思っています。

――中高時代の趣味は何でしたか?

中1から高3の9月までずっとサッカーをやっていて、それで浪人しました。ほかにも、スキーとか鉄道旅行とかピアノとか趣味はいろいろあるんですけど、高校生活はサッカー一筋ですね。勉強はサッカーの次でした。

――大学に入って勉強以外でやってみたいことはありますか?

スポーツはバスケをやってみたいです。もともと好きだし、サッカーは12年間やったので。

――体育会系ですね。

大会には出たいけど、大学生活をそれだけにしたくはないです。

――東大の魅力って何ですか?

研究環境の整い方がダントツだなというのと、キャンパスに木が多くていいなということですね。

――ありがとうございます。これからの大学生活、楽しんでください。

 

取材/2020年3月
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム