「大学ではITやプログラミングを学び、海外留学にも挑戦したいです」―2018新入生インタビュー(3)

2018.08.09

新入生2018

#理科一類 #理科一類 #インタビュー #インタビュー #入学式 #入学式

PROFILE

  • 氏名:  原野佑夏
  • 出身校: 洛南高等学校
  • 入学:  2018年度 理科1類

――東大を目指したのはいつからですか?

高校に入った時くらいです。

――なぜ、東大でしたか?

留学にすごく興味があって、東京大学には沢山の留学プログラムが用意されていることに惹かれました。

――どういったプログラムにチャレンジしようと思われていますか?

今日、総長が祝辞で言っていたものと同じプログラムを事前に調べていたので、挑戦してみたいです。

――行きたい国は決まっていますか?

漠然とですがアメリカに行きたいです。

――研究だったりボランティアだったりと、いろいろなプログラムが用意されていますが。

はい。理学部や工学部を目指しているので、そういったことを深められるような交換留学をしたいです。

――工学部のなかでも、どのような領域に関心がありますか?

物理に興味があって、IT やプログラミングを勉強して、幅を広げたいです。

――それで理学部も視野に入れているのですね。中高時代に勉強以外に頑張ったことを教えてください。

中学時代はバスケットボールをしていました。

――大学に入ってからはどんな部活やサークルに入りたいですか?

留学をしたいので、ESSなどに入り、スピーチの大会に出てみたいと思っています。

――社会をこう変えたい、という思いはありますか?

工学系の分野でまだ実現できていない21~22 世紀の未来図の実現に関われたらいいなと思います。

――座右の銘はありますか?

「ピンチはチャンス」という言葉をずっと苦しい時の自分に言い聞かせてきました。

――これからの大学生活の抱負をお願いします。

まだまだ学ぶべきことはたくさんあるので、専門だけでなく、いろいろなことを学び、理想とする東大生に近づきたいなと思います。毎日勉強し続けます!

2018.08.09
取材/東京大学高大接続研究開発センター 教授・濱中淳子
構成/ライター・大島七々三