• TOP >
  • 東大生インタビュー >
  • 新入生2020 >
  • 「学校の行事で東大を訪れ、史料編纂所に関心もつ。文学部日本史学科で学びたい。」――2020新入生インタビュー(5)文科三類

「学校の行事で東大を訪れ、史料編纂所に関心もつ。文学部日本史学科で学びたい。」――2020新入生インタビュー(5)文科三類

2020.07.30

新入生2020

#文科三類 #文科三類 #インタビュー #インタビュー

2020新入生大庭さん

PROFILE

  • 氏名:   大庭おおば 夕佳ゆうか さん
  • 出身校:  東筑紫学園高等学校
  • 入学:   2020年 文科三類

――合格がわかったときの気持ちはどのようなものでしたか?

ほっと安心した感じです。自分の番号があったときは、心臓を撃ち抜かれたみたいな感じがしました。ここからスタートだなという感じです。

――高校時代、勉強を続けるのは大変だったかと思いますが、どのような意識で頑張っていましたか?

私のクラスは京大や一橋に受かっている人もいたので、その人たちには負けないようにと頑張っていました。進学校ではなかったので、成績トップを維持し続けようという感じでやっていました。

――得意科目や苦手な科目はありますか?

数学が得意でした。苦手な科目はないですが、強いていえば英語です。

――苦手科目の克服法は何かありますか?

過去問を解く中で傾向をつかむことですかね。

――そもそも、なぜ東大を目指したのでしょうか?

文学部の日本史学科に入りたくて目指しました。東大には史料編纂所がありますよね。そういった分野に憧れていたので東大に入りたいなと思いました。

――史料編纂所について知ったきっかけを教えてください。

高1の時、学校の行事で東大のオープンキャンパスに参加しました。その時、史料編纂所の展示を見て、行ってみたいと思いました。

――東大を目指すことについて、ご家族は応援してくれましたか?

母は、はじめは九大の医学部に行ってほしかったようです。私は歴史が好きだから東大に行きたいと言ったら、最初は難色を示していましたが、最終的には理解してくれました。

――入学後にやりたいことはありますか?

勉強もそうですけどサークルもやりたいなと思います。野球が好きなので野球がしたいです。スポーツがそこそこ得意なので。
それから、キャンパスで優秀な学生と交流するのが楽しみです。

――将来的にはどのような道を考えていますか?

大学に残りたい気持ちもありますが、一般就職になるのかなと思います。

――地方に住んでいる高校生にも頑張って東大を目指してほしいので、メッセージをお願いします。

東大の中でも地方同士の集まりもあるので、自分が地方出身女子であることは心配せず、勉強に集中してほしいと思います。

――地方に住んでいる高校生の励みになると思います。ありがとうございました。

 

取材/2020年3月
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム