• TOP >
  • 東大生インタビュー >
  • 新入生2020 >
  • 「浪人して基礎を固め文2にリベンジ。伝統文化と新しい文化とを融合させて、世界に発信したい」――2020新入生インタビュー(4)文科二類

「浪人して基礎を固め文2にリベンジ。伝統文化と新しい文化とを融合させて、世界に発信したい」――2020新入生インタビュー(4)文科二類

2020.07.30

新入生2020

#文科二類 #文科二類 #インタビュー #インタビュー

2020新入生梅田さん

PROFILE

  • 氏名:   梅田うめだ 真紀まき さん
  • 出身校:  女子学院高等学校
  • 入学:   2020年 文科二類

――合格がわかったときは、どのような気持ちでしたか?

浪人をした1年、がんばってよかったなと思いました。親や親族も1年間浪人した分期待を寄せてくれていて。それに加えて、現役で東大に行った友人がお守りを買って応援してくれたり予備校の友人たちと絶対に受かろうと約束していたり、1年間支えてくれた両親やお世話になった先生方に受かって恩返しをしたかったので、合格を知った時はとてもうれしかったです。

――ここはがんばったぞというところはありますか?

受験は時間が限られているので、現役の時はわからないことがあっても飛ばしてしまうことがありましたが、浪人の時は受験勉強のためだけに割ける1年間を生かして、わからない部分とも正面から向き合い基礎固めを確実にして全範囲を網羅しました。それが自分のなかでもがんばったことだと思います。

――苦手科目は何で、どう克服しましたか?

英語です。自分がこれは解けるなと感じた問題が出てきたときに「ここで点数をしっかりとる」というのを意識したのは大きいかもしれません。時間がタイトな中で全部の設問で点を取ろうとして焦ると、本来ならできる設問でケアレスミスをするので、それをしないように意識しました。

――東大を意識したのはいつごろからですか?

父が東大出身だったというのもあって、東大からの広報物を他のチラシと同じ感覚で手に取っていました。東大は家からも電車で15分程度と近かったので、小学生の頃からぼんやりと東大に行けたらいいなというのは思っていました。

――文2を選んだのはどのような理由からですか?

現役の時はセンター試験の点数の足切りが低いという理由で文2を選んだのですが、浪人の時は同じ科類にリベンジしたいという気持ちに加えて、文2から後期教養学部に進まれた予備校の先生が「色々なことを学べるから楽しいよ」という話をしてくださったことが印象に残っていて。文2は進振りの時に理系にも進みやすいとも聞いていたので、様々な可能性が広がっているなと感じ文2にしました。

――入学してやりたいことはありますか?

中高のときは美術部で比較的1人で活動することが多かったので大学では多種多様な人たちと共に過ごすことで幅広い視野をもちたいと思います。学力以外のところでもすごいなと思われるように、自分でも様々なことに挑戦していけたらいいなと考えています。

――将来はどのような仕事をしたいですか?

寺社などの日本の伝統文化と日本のサブカルチャーが好きなんです。歌舞伎がスーパー歌舞伎になって注目されたように、伝統文化と新しい文化とを融合させて、クールジャパンを世界に発信していけたらなと思います。

――東大を目指している高校生や、「東大は雲の上」と思っている高校生にメッセージをお願いします。

東大は実際に問題を解いてみると「自分でも頑張れば行けるかもしれない」という気持ちが湧き、原動力になります。「雲の上」と思って諦めるのではなく、駒場や本郷のキャンパスに実際に足を運んでみて、学校の雰囲気を身近に感じてがんばってほしいです。東大は日本の大学の中で入試で最も基礎力を求める大学といっても過言ではないと思うので、地道に基礎力を蓄積していってほしいと思います。

――ありがとうございました。

 

取材/2020年3月
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム