• TOP >
  • 東大生インタビュー >
  • 新入生2020 >
  • 「数字を扱うのが好きで経済学部をめざす。駒場での学びを通じて自分の将来像をつかみたい」――2020新入生インタビュー(3)文科二類

「数字を扱うのが好きで経済学部をめざす。駒場での学びを通じて自分の将来像をつかみたい」――2020新入生インタビュー(3)文科二類

2020.07.30

新入生2020

#文科二類 #文科二類 #インタビュー #インタビュー

2020新入生日隈さん

PROFILE

  • 氏名:   日隈ひぐま 慎太しんた さん
  • 出身校:  熊本県立熊本高等学校
  • 入学:   2020年 文科二類

――熊本出身なのですね。東大に入ろうと思ったのは高校に入ってからですか?

高1の時に学年主任から「東大を目指したら」と言われて、高2の夏休みに学校での東大ツアーがあって、それに参加したときに行こうと決めました。

――文科二類を希望したのはなぜですか?

もともと理系から経済学部に行こうとしていたのですが、文系に変えたので、東京大学の文科二類から経済学部に行けるかなと思って。

――経済学部に行こうと思った理由は何ですか?

数字を扱うのが好きだったので、経済学だとそいういうのに触れられるかなと。

――卒業後の進路は?

漠然と金融方面かなと思っていますが、はっきりとは決まっていないですね。

――受験勉強をする上で苦労したことはありますか?

模試によって成績や判定が悪くなることもあったので、どんな試験が出ても点をとれるようにしたいなと思いました。ですが、ある塾の模試だけ悪い判定が続いてしまい、気がかりでした。

――入試本番ではどういう難しさを感じましたか?

今回は数学が難しかったです。英語も難しくなったと言われましたが、僕はそのようには思いませんでした。

――合格がわかったときの気持ちはどうでしたか?

ほっとしました。2週間ぐらい合格できたかどうかわからなかったので、解放されたという感じでした。

――東京での一人暮らしにあたり、家を決めることはスムーズにできましたか?

はい。もともとアパートはとっていました。

――高校生に向けて、メッセージはありますか?

勉強をしない日をできるだけつくらないほうがいいと思います。1回座っちゃうと30分くらいは勉強をやることになるので、「始める」ということが大切かなと。始めたら終わらなくなるので。1日も勉強時間ゼロ分の日をつくらない。それが習慣になるとよいと思います。

――最後に、大学での抱負を教えてください。

将来の夢も決まっていないので、東大の最初の2年間の教養課程でいろいろなことを学び、そこで自分の将来像をつかめたらいいなと思います。

――ありがとうございました。

 

取材/2020年3月
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム