• TOP >
  • 東大生インタビュー >
  • 新入生2020 >
  • 「検事をめざして文1を受験。自分が正しいと思うことに正直でいられる大人になりたい」――2020新入生インタビュー(1)文科一類

「検事をめざして文1を受験。自分が正しいと思うことに正直でいられる大人になりたい」――2020新入生インタビュー(1)文科一類

2020.07.30

新入生2020

#文科一類 #文科一類 #インタビュー #インタビュー

2020新入生片山さん

PROFILE

  • 氏名:   片山かたやま 寛斗ひろと さん
  • 出身校:  筑波大学附属高等学校
  • 入学:   2020年 文科一類

――東大をめざしたきっかけを教えてください。

高校入試を受けて高校に入ったのですが、高校生活を送る上でのひとつの目標として東大受験を決めました。

――周りにも東大を受ける人は多いですよね?

はい。東大受験に対して気負うことはなかったです。

――文1に決めたのはなぜですか?

高校に入り東大受験を目標に決めた時、一緒に将来の目標として検事をめざそうと思い、文1に決めました。

――検事になりたいと思った理由は?

ざっくりとしたイメージですけど、正義の要というか、弁護士よりも自分が正しいと思うことに正直に仕事ができるかなと思い、弁護士より検事をめざそうと思いました。

――検事という仕事については知っていたのですか?

元から知っているというよりは、高校に入ってからいろいろ調べて検事がいいなと。弁護士のほうが儲かると言われているようですが、経済的なことより自分に正直な仕事ができたらいいなと思い、検事を志望しました。

――どんな検事になりたいですか?

お金稼ぎには執着したくない。自分をもっていられる大人になりたい。目先の利益より自分の正しいと思うことにいつまでも正直でいられる大人でいたいと思います。
一般的な正義がどうこうというより、自分がいろんなことを見定める、世の中で起こっていることや自分の身の周りを見て、自分が正しいと思うことに正直に。そういう大人でありたいと思います。

――大学に入り、やってみたいことや勉強したいことはありますか?

司法試験を受けなければいけないので、法学については早い段階から勉強したいと思います。
サークルやバイトもして、社会経験を積みたいです。ただ勉強だけをして「社会的にどうなの?」という人間になるよりは、いろいろなことにチャレンジしようと思います。

――学生のうちに司法試験を受けようと思っていますか?

いや、予備試験を受けてというより院に行く方向で考えています。

――中学高校時代で打ち込んだことは何ですか?

高校はテニスをやっていたので、大学でも継続してテニスをやりたいと思います。体育会よりはサークルになると思いますけど。

――部活はいつまでやっていましたか?両立が大変だったのでは?

高3の春まで部活をしていました。
週7日練習という学校ではなくて週3くらいだったので、両立できました。

――逆に苦労したことはありますか?

僕は浪人したので勉強には苦労しましたが、ストレスに感じたり投げやりになったりしたことはありませんでした。自分に無理のないペースで勉強できたと思います。

――最後に、東大のどういうところが魅力だと思いますか?

僕は2年間教養課程があることに魅力を感じます。僕みたいに最初から将来進む道を決めている人は、教養課程に魅力を感じないかもしれないですけど、心に決めた道が自分の肌にあっているか、本当に自分のやりたいことなのか、それを2年間勉強しながら見極められるのが1つの魅力じゃないかな。

――ありがとうございました。検事の夢に向かって、がんばってください。

 

取材/2020年3月
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム