• TOP >
  • 東大生インタビュー >
  • 推薦生2018 >
  • 「地学オリンピック出場をきっかけに推薦入試を選択。 自然エネルギーを研究して低リスクな発電の割合を高めたい」――2018推薦生インタビュー(6) 工学部

「地学オリンピック出場をきっかけに推薦入試を選択。 自然エネルギーを研究して低リスクな発電の割合を高めたい」――2018推薦生インタビュー(6) 工学部

2019.03.28

推薦生2018

#推薦入試 #推薦入試 #工学部の人 #工学部の人

PROFILE

土屋俊介さん(工学部進学予定)

出身地 神奈川県
高校 聖光学院高等学校

―工学部って忙しくないですか?

そうですね、工学部で忙しいというより、RoboTech(ロボテック)という東大のロボコンサークルに入っていて。5月まではその活動で忙しかったです。

―RoboTechはかなり忙しいと聞いたことがあります。

五月祭に新人同士のロボット、大会っていうほど大げさでもないんですけど、内輪の大会があって、一応ロボット作んなきゃいけないので。それで土日が埋まるという生活をしていました。

―RoboTech以外なんか入ってるんですか。サークルとか部活とか。

今は一応、料理のサークルに入って……。

―料理サークル?

高校の頃から作るほうに興味があって、それでちょっと。家だけじゃなくてちょっと本格的というか、そういう団体があると知ったので、やってみようかなって。

―何を作りました?

今はまだ体験のところ行っただけなので。そのときはカプレーゼとチーズインハンバーグという、割と家庭的なメニューだったんですけど、これから本格化するのかなっていう感じで。

―高校時代のお話をうかがいますが、土屋さんは地学オリンピックに出てらっしゃるそうですね。地学は結構珍しいと思うのですが。

中2ぐらいから参加してますが、実際、参加している立場からすると、そんなに珍しいことをやっているという意識はなかったんですけど。

―高校によっては、地学の先生がいないということも。

ああ、たしかに。そういう所もありますよね。

―地学部に入っていたんですか?

地学天文学部っていう部活が学校にありまして、それに所属してました。地学オリンピックも実際、先輩に勧められてっていうのが結構きっかけになって。

―出身高校の中で地学天文学部は盛んな部だったんですか。

物理科学と地学天文学と、あと生物とがあって、その三つの人数合わせると結構な数になるかもしれないです。

―なぜ地学天文学部に?

本当は運動とかも比較的好きで、ランニングをしたりすることもあるんですけど。でも、部活単位というか、規則的に週何回、一緒に運動しましょうっていうのが向いていないかなと思って。

学校自体もスポーツで強豪っていうわけではないので、運動部にこだわる必要はないかなっていうかんじでした。

じゃあ、何をするかな、と考えたとき理科系のことは好きだなと思って、その方向で選ぼうと考えて。

―物理でもなく、生物でもなく、地学だったのは?

小さい頃一時期、福井県に住んでた頃があって。

―あ、恐竜の街。

はい。博物館とかに行って、化石とかが好きになったのが一番の原因かなと。

―理学部ではなく工学部を志願されたのは、関心がエネルギーだからなんですよね。この地学天文学部もしくは地学オリンピックとエネルギーっていうのは、なにか繋がってるんですか?

地学オリンピックで扱う内容は幅広くて。いわゆる地質に当たる鉱物や化石があれば、天文と気象、海洋っていうもあって、環境問題についても扱っていて。それで自然エネルギーを使った発電といった話も出てきていたので、そのあたりが影響してるかなっていうのはあります。

―将来どんな社会になればいいとか、どんな社会貢献をしたいとか、そういうようなイメージってありますか?

僕自身はまず何らかの自然エネルギーの開発に携わりたいです。例えば発電分野であれば、できる限り電力に占める自然エネルギーの割合を大きくしていくことを考えています。

―答えられる範囲で構わないのですが、原子力発電に対して、何らかの考えは持ってらっしゃる?

高2のときに、学校の企画で、青森の六ヶ所村っていう原子力の燃料の処分地だとか、再利用のための施設を見学する機会がありまして。その施設の人からは、東日本大震災の被害はかなりレアなケースで、地震そのものだけではなくいろいろな不都合が重なったからこういうことになったと説明されました。

ただ、原子力発電っていうものがウランなどの資源に頼っていて、まずそれが限られた資源だし、日本は地震が本当に世界で、他の国と比べて多いにもかかわらず、原発の数が世界の中でも多いっていう、かなりリスクを背負ってる現状がありますよね。

そう考えると日本の、例えば急な山を使った水力発電だとか、そういう日本独自の地形や気象を生かした自然エネルギーの発展っていうのに変えていったほうが、リスクも少ないし資源も保たれるとかってちょっと考えたりしています。

―地学オリンピックでの地質研究や福井や青森のご経験などがあって今のご関心につながっていってるんですね。最後に高校の後輩たちに向けたメッセージをお願いいたします。

ありきたりな表現なんですけど、高校の間にまず興味の幅を広げておくことが必要かなと思います。僕で言えば、専門とは関係ないんですけど、英語のディベートといった活動を通じて、できる限り外の方と関わる機会を設けました。それで情報を集めるというか、興味を広げていけば、関心を持てるものに出会えると思います。

何か見つかれば、高校の間にちょっとフォーカスしておいて、その結果によっては推薦入試での進学を目指すのもありだと思います。

一般入試で入っても、やってみたい領域が漠然とでもあれば、1、2年の間でも専門的なことを学べる機会はあるので、そこでさらに関心をしぼっていくという感じにすればいいのかなっていう気はします。

―ありがとうございました。

 

2019.3.28
インタビュー/東京大学高大接続研究開発センター教授・濱中淳子
構成/ライター・大島七々三