• TOP >
  • 東大に入ろう >
  • 新入生(2023-2018) >
  • 「東大に行きたいという強い気持ちに気づいて全力で目指す。将来は研究の道に進みたい」―2023新入生インタビュー 理科一類

「東大に行きたいという強い気持ちに気づいて全力で目指す。将来は研究の道に進みたい」―2023新入生インタビュー 理科一類

#学生インタビュー #学生インタビュー #理科一類 #理科一類 #新入生 #新入生

PROFILE

  • 氏名:   坂本夏寿麻さん
  • 出身校:  石川県立野々市明倫高等学校
  • 入学:   2023年 理科一類

――東大を目指そうと思ったきっかけを教えてください。

高校1年のときに、担任の先生から東大を目指してみないかって話をされたんですけど、実際はあまり東大を目指すことを真剣には考えてはいませんでした。でも、高校3年になって、じっくり自分の中で進路について考えたときに、東大に行きたい気持ちが強くあることに気づいて、そこから全力で目指すようになりました。

――なぜ理科一類を選んだんですか?

高校の理科で物理を選択していたんですけど、大学で学べる微分積分を使って考える物理が面白そうだなと思って、理科一類にしました。

――まわりに東大を目指す人はいましたか?

いや、ゼロですね。通っていた高校から理系で東大に行くのは自分が初めてらしいです。

――では、進学を機に上京することについて周囲の反応はいかがでしたか?

まったく反対などはされず、一人暮らしについても、みんな応援してくれました。

――受験勉強はどうのようにして乗り越えましたか?

とにかく情報がなかったので、模試を受けながら、自分の得意な教科を必死に伸ばして、苦手な教科は最低限の点数を取ってカバーするということを意識して、頑張りました。

――情報があまりない中で、東大に関する情報収集はどのようにされていましたか?

基本的にはインターネットで調べていましたが、受験対策方法については周りにわかる人がいなかったので、一度、高校の先生の元教え子の東大生を紹介していただいて、その方とお話をしました。話をしてみると、自分が抱える受験の悩みは、地方から東大を目指すほとんどの受験生が持つものだと分かり、東大という目標を現実的なものとして考えられるようになりました。

――勉強以外に大学でやってみたいことがあれば教えてください。

サークルに何個か入るつもりです。受験で体がなまっていたので運動系に2つぐらい入ろうと思っているんですけど、中高でバスケットボールをしていたので、もうバスケットボールのサークルには入りました。あとは文化系もいくつか考えています。

――将来的にどのような方向に進みたいと考えていますか?

幅広い研究分野がある応用科学に興味があります。大学で学んだことを活かして、視野の広い研究ができればと考えています。

――最後に、高校生へのメッセージをお願いします。

やっぱり地方から東大に行くとなると、周りに東大を目指す人も少ないし、とにかく情報も少なくて、そういった環境が一番つらいと思うんです。自分から積極的に情報を集めにいかないとまわりからは何も入ってこないですし、自分が高校生のときは、その情報の集め方も全然わかりませんでした。今は、東大生のことを知る手段っていうのはいろいろあると思うので、そういうものもうまく活用していってほしいなと思います。

――地方から受験する高校生の励みになるお話、ありがとうございました!

 

取材/2023年4月
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム