「母の病気をきっかけに医学の道を志す。大学では語学にも力を注ぎたい」――2022新入生インタビュー 理科三類

#学生インタビュー #学生インタビュー #理科三類 #理科三類 #新入生 #新入生

PROFILE

  • 氏名:   二橋亮輔さん
  • 出身校:  静岡県立浜松北高等学校
  • 入学:   2022年 理科三類

――どんなことを学びたいと思って、東大の理科三類に進んだのでしょうか?

私はもともと創薬の研究をしたくて薬学部への進学を考えていたんですけれども、昨年、母がある病気に罹患して、東京大学では、その病気の研究が盛んだということを知りました。そのときに、医学部に進めば、薬という観点より、もっと包括的に人の体のことを学べるのではないかと思ったことがきっかけで、理3を受験しました。

――もともと、医学部にも興味があったのですか?

前から医学部にも少し興味があって、理2と理3とで迷っていた時期がすごく長く続いていたんですけれども、やっぱり理3を受験しようと決意したのは、母の病気の影響が大きいと思います。

――今、どの授業を履修しようか考えているところだと思いますが、興味を持った授業はありましたか?

医学の中でも、生化学を学びたいと思っていまして、今、シラバスを読んで「分子生物学」という授業に興味を持っています。

――大学で挑戦してみたいことはありますか?

TLP(トライリンガル・プログラム)に選ばれたので、語学にも力を入れて頑張りたいと思っています。フランス語を選択しているんですけれども、授業でちょっとやってみただけで、すごく面白かったので、将来、3カ国語が話せるように目標を持って学んでいきたいです。

――東大に入学して数日経ちますが、どのような印象を持っていますか?

僕が通っていたのは、地方の公立高校だったので、今思えば、狭い世界だったんだなということを知りました。東京の私立中高一貫校出身の方だと、学校以外にもいろいろなつながりがあって、そういうネットワークは東大に入ってからも続いているので、最初は少し障壁みたいなものを感じていました。でも、僕のような人見知りなタイプでも、みんな気さくに話かけてくれて、地方出身者だとかそういうことは関係なく打ち解けることができてよかったです。これからも、まわりからたくさん刺激を受けて、つながりを広げられたらと思っています。

――最後に、高校生へのメッセージをお願いします。

すごく基本的なことですけど、まずは、いろんなことに挑戦してみるということが大事だと思います。例えば、僕の場合、高校のときに科学オリンピックなどに参加して、興味の幅を広げていったのですが、興味のある分野をとことん追究してみようという気持ちになれたらいいんじゃないかと思っています。ちょっとでも興味があるんだったら、とことん追究できるのが、高校生の特権でもあるので、やりたいと思ったことは、とにかく挑戦してみることをおすすめします。

――メッセージありがとうございました!大学生活を有意義に過ごしてください。

 

取材/2022年4月
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム