• TOP >
  • 東大に入ろう >
  • 新入生(2022-2018) >
  • 「東大に入学して知った、広がる世界。まわりからたくさん刺激を受けながら、視野を広げていきたい」――2022新入生インタビュー 文科三類

「東大に入学して知った、広がる世界。まわりからたくさん刺激を受けながら、視野を広げていきたい」――2022新入生インタビュー 文科三類

#学生インタビュー #学生インタビュー #文科三類 #文科三類 #新入生 #新入生

PROFILE

  • 氏名:   渡邊琴巴さん
  • 出身校:  長野県長野高等学校
  • 入学:   2022年 文科三類

――文科三類を選んだ理由を教えてください。

社会系に広く興味があるんですけど、まだ何をしたいかひとつに絞りきれていなかったので、履修の自由度が高いと聞いていた文3を目指しました。前期課程で幅広く学びながら、やりたいことを見つけていけたらいいなと思っています。

――今、シラバスを読んでいるところだと思うのですが、興味のある授業はありましたか?

社会学や心理学が面白そうだなと思ったのと、「国際関係論」にも興味があります。戦争や紛争のことも含めて、国際情勢についても詳しくなれたらと思っています。

――高校時代に熱心に取り組んでいたことは何ですか?

小学校の頃から、ずっと水泳をやっていて、高校でも週5、6で練習をしていました。水泳の練習がかなり大変だったのですが、放課後から練習の時間までは学校の自習室に残って自習したり、通学時間を有効活用したりして、勉強時間を確保していました。水泳の練習を通して、継続する力も身についたように思います。また、受験生になっても「あの頃の練習よりは楽だ」と思うことで、受験勉強を乗り切ることができました。

――大学生活でやってみたいことはありますか?

東大を目指す女子を増やすためにいろんな活動をしているPolaris(ポラリス)という団体に興味があります。私もまわりで東大に実際に通っている人や目指している人が少なくて不安に感じることもあったので、もっと東大に女子が増えるような活動ができたらと思っています。

――地方から東大を目指すことについて、ご両親も応援してくれましたか?

東大を目指そうと思い始めてから、ずっと父は乗り気になって応援してくれていましたが、母は東大出身の女子に対して特別なイメージがあって、ずっとそのことが気になって心配していました。でも、私が本気で東大に行きたいという気持ちを伝えてからは、すごく応援してくれるようになりましたね。

――東大に入学して数日経ちますが、印象はいかがでしたか?

東大って、本当にいろんなところから、いろんな人が来ていて、この数日間ですごく世界が広がった感じがします。まわりからたくさん刺激を受けながら、これからもたくさん経験を積んで、視野を広げていきたいなと思っています。

――最後に高校生・受験生に向けてメッセージをお願いします。

大学に入ると高校時代にはとてもできなかったような経験をたくさん積むことができます。勉強は辛いかもしれないですが、ここで頑張った経験は後々の自信になるので、友人と切磋琢磨して頑張ってください!

――ありがとうございました。これからのご活躍を期待しています!

 

取材/2022年4月
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム