• TOP >
  • 東大に入ろう >
  • 新入生(2022-2018) >
  • 「高校時代に教科書を通じて知ったバイオミミクリーの世界。まだ国内であまり研究されていない分野を東大で学びたい」――2022新入生インタビュー 理科一類

「高校時代に教科書を通じて知ったバイオミミクリーの世界。まだ国内であまり研究されていない分野を東大で学びたい」――2022新入生インタビュー 理科一類

#学生インタビュー #学生インタビュー #理科一類 #理科一類 #新入生 #新入生

PROFILE

  • 氏名:   鳥居さくらさん
  • 出身校:  香川県立高松高等学校
  • 入学:   2022年 理科一類

――大学ではどんなことを学びたくて、東大を選ばれましたか?

私はバイオミミクリーといって生物を模倣したものづくりをしたいと考えています。自分でも調べてみたんですけど、日本国内ではバイオミミクリーを専門として学べる大学が少なくて、まだどの分野で学ぶのか具体的なことも決まっていなかったので、前期課程で幅広く学べる東京大学を選びました。

――どういったきっかけでバイオミミクリーに関心を持ったのですか?

高校のコミュニケーション英語の教科書に教材として載っていた話から、初めてバイオミミクリーというものを知りました。以前から地球環境の保全に関わることをしたいと思っていたんですけれど、もっと抽象的な感じで考えていて、バイオミミクリーという存在を知って、「こういうのもあるんだ」と興味をもったことがきっかけです。

――地方からの受験で大変さを感じたことはありますか?

きっと関東圏からの受験とは違うところがあると思うんですけれど、自分の受験体験しか知らないので、香川からの受験ということで大変さを感じたことはありません。私は、地方からの受験でも、そんなにいろいろ気にしなくてもいいのかなと思います。ただ、入学後に関しては、関東圏の人は他のクラスにも友達が多いなと感じました。

――大学で、やってみたい課外活動はありますか?

勉強をおろそかにしない程度にサークルにも入ろうと思っています。それと、まだ計画は立てていないのですが、留学もしたいですし、国内外問わず、国際交流のイベントなどにも参加したいです。バイオミミクリー関連でなくてもいいので、海外の人と積極的に交流して、もっと視野を広げていきたいと思っています。

――卒業後の進路について考えていることはありますか?

ものづくりができる企業に勤めたいなと思っているんですけれど、まだ全然イメージができていません。企業に入ったら自分のやりたいものづくりができるんだろうかというのもあるし、だからといって、ほかに何があるんだろうというのもまだ見えていないので、これから選択肢を広げていきたいです。

――最後に、高校生へのメッセージをお願いします。

まずは、睡眠と友達を大切にしてください。そして、先生にもたくさんアドバイスをいただくとよいのではないかと思います。また、入学してから感じたのですが、東大にまつわる噂は盛られすぎているものもあるので、あまり気にしすぎないで大丈夫だと思います。

――ありがとうございました。これからのご活躍を期待しています!

 

取材/2022年4月
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム