• TOP >
  • 東大に入ろう >
  • 新入生(2022-2018) >
  • 「父親がきっかけで興味をもったものづくり。工学を学びながら地方から東大に進学する高校生を応援したい」――2022新入生インタビュー 理科一類

「父親がきっかけで興味をもったものづくり。工学を学びながら地方から東大に進学する高校生を応援したい」――2022新入生インタビュー 理科一類

#学生インタビュー #学生インタビュー #理科一類 #理科一類 #新入生 #新入生

佐藤海咲さん

PROFILE

  • 氏名:   佐藤海咲さん
  • 出身校:  南山高等学校(愛知県)
  • 入学:   2022年 理科一類

――東大ではどのようなことを学びたいですか?

工学を学びたいということは決まっていますが、分野はまだ一つに絞っているわけではなくて、今は電子機器や機械系に興味があります。

――機械系に興味をもったきっかけはありますか?

最初のきっかけは、父親が自動車関係の仕事をしていて憧れもあったし、物心ついた頃から父親の姿を見てきて、機械やものづくりにも興味をもつようになりました。

――進学を機に上京することについて周囲の反応はどうでしたか?

私の姉も一人暮らしをしているんですけど、両親は受験勉強の前から、私にもよく「子どもがやりたいことは好きなようにやってほしい」と言ってくれていました。それはすごくありがたかったです。

――勉強以外に大学で取り組みたいことはありますか?

サークルはまだ迷っているところなんですけど、1つ決めているのは、「FairWind」という地方の高校生を応援するサークルです。私の高校にそのサークルの方が来て話をしてくださったことがあって、それが当時高校生だった私にはとても刺激になったので、今度は自分の経験を活かして高校生にいろんな話ができたらいいなと思っています。

――将来の目標はありますか?

まだ、具体的には決まっていませんが、自分の長所だと思っている手先の器用さを活かしながら、興味のある機械系の分野に関われる職業を考えています。今は、ものづくり関係の仕事をしたいなと思っています。

――最後に、高校生へのメッセージをお願いします。

私が高校生の頃、まわりの大人や先輩に勉強法やいろんな話をしていただいて、刺激を受けたり、考える幅が広がったりしましたが、受験生のひとりひとりに合ったそれぞれの勉強法があるので、私のように人の話を参考にするのもいいんですけど、自分に合った勉強法を確立して、それに沿って勉強していくのが正解かなと思います。後悔しないように自分を信じて頑張ってほしいです。

――ありがとうございました!大学生活を楽しんでくださいね。

 

取材/2022年4月
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム