• TOP >
  • 東大に入ろう >
  • 新入生(2022-2018) >
  • 「他大学での経験を経て、東大に入学。自分の広い興味を受け入れてくれる教養学部で学ぶ」――2022新入生インタビュー 文科三類

「他大学での経験を経て、東大に入学。自分の広い興味を受け入れてくれる教養学部で学ぶ」――2022新入生インタビュー 文科三類

#学生インタビュー #学生インタビュー #文科三類 #文科三類 #新入生 #新入生

髙橋聖さん

PROFILE

  • 氏名:   髙橋聖さん
  • 出身校:  武蔵高等学校中学校(東京都)
  • 入学:   2022年 文科三類

――東大を目指そうと思ったきっかけを教えてください。

昨年、現役の時に、他大学で政治経済学を学んでいたんですけど、明らかに僕のリサーチ不足で、高校のときに自分が想像していた学問と違っていたんですよね。その大学では必修科目も多くて、ほかの授業が選択できないこともあったので、前期課程があって、幅広く学べる東大に入りたいと思ったことがきっかけです。秋頃から受験勉強を始めて、東大を受験しました。

――なぜ、他大学では政治経済学を学んでいて、文科三類を選ばれたのでしょうか?

高校生の時は、政治系を学びたいと思っていて、それも面白くはあったんですけど、受験勉強をしているうちに歴史や環境問題にも興味がわいてきて、そこからいろいろなことに興味が広がっていったので、総合科目の幅が広い文3を選びました。

――高校時代に熱心に取り組んでいた活動はありますか?

高校では、学校にあった100年くらい前の古い標本庫をまとめて、整理して論文を書くという文献調査のような活動をしていました。もともとは授業の一環としての活動だったんですけど、そこから発展していって、最後は自分から授業外にもやっていました。まだ論文をまとめきれていないんですけど、高校の先生と今年中にまとめていこうと話をしています。

――今、シラバスを見ているところだと思うのですが、興味のある授業はありましたか?

「食糧と環境」という授業が面白そうだなと思っていて、農学部にも興味をもち始めました。文系にこだわる必要もないのかなと思っていて、文系や理系に関係なく、興味があるものを学んでいきたいです。

――大学で、学業以外にやってみたいことはありますか?

高校まで、ずっとバスケをやっていたので、サークルでバスケを続けようと思っています。それ以外には、自分で責任をもって何かに取り組む経験がとても大事だと思うので、駒場祭実行委員もやってみたいです。

――将来はどのような道を考えていますか?

研究者になりたいと思っていたんですけど、あまり几帳面な性格じゃないので、最近は向いていないのかなと思い始めています。自分の知識を活かしてビジネスをしたり、国際機関で働いたりすることも視野に入れて、学びながら決めていきたいです。

――ありがとうございました。充実した学生生活を送ってください!

 

取材/2022年4月
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム