• TOP >
  • 東大に入ろう >
  • 新入生(2022-2018) >
  • 「ある本との出会いが起業への興味を掻き立てた。経済学部に進み、起業や会社経営に役立つ知識を学びたい」――2022新入生インタビュー 文科二類

「ある本との出会いが起業への興味を掻き立てた。経済学部に進み、起業や会社経営に役立つ知識を学びたい」――2022新入生インタビュー 文科二類

#学生インタビュー #学生インタビュー #文科二類 #文科二類 #新入生 #新入生

佐藤真菜さん

PROFILE

  • 氏名:   佐藤真菜さん
  • 出身校:  静岡県立磐田南高等学校
  • 入学:   2022年 文科二類

――どんなことを学びたいと思って、東大の文科二類を目指しましたか?

経済学を学びたくて、文科二類を受験しました。経済学部では、統計の勉強もできますし、起業をするために役立つ知識もたくさん得られるんじゃないかと思っています。

――起業に興味を持ったきっかけを教えてください。

高校3年の時に、いろんな起業で成功している人たちの本を読んだのがきっかけです。インターネットを使った起業をするのも、おもしろそうだなと思って、そこから起業や会社経営に興味をもつようになりました。

――佐藤さんは静岡県のご出身ですが、地方から東大を目指すことで何か感じたことがあれば教えてください。

私の高校では、文系から東大を目指す人はそれほど多くなかったですし、受験した女子は私一人だけだったので、少し心細かったです。でも、その分、まわりの人たちがみんな応援してくれたことで、心配していた母もその気になってくれて、支えてくれた人たちに感謝しています。

――学業以外に大学生活でやりたいことはありますか?

私も地方から東大を目指して、いろいろ感じたこともあったので、東大を目指す女子を増やすための活動をしているPolaris(ポラリス)っていう団体に入りたいなって考えています。ちょうど新歓に行ってきたところなんですけど、女子支援の活動だけではなくて、SNSでの発信の仕方とかも学べそうだったのでいいなと思いました。

――ほかにも楽しそうなサークルはありましたか?

IMO projectというお芋サークルですね!郊外の畑を借りて、自分たちでお芋を育てて食べるまでの一連の流れをやるサークルです。私はお芋が好きなので、楽しそうだなって思っています。

――東大に入学して数日経ちますが、どのような印象を持ちましたか?

入学前は、もっとまじめな感じの人が多いのかなと思っていたんですけど、力を抜けるところは抜いて、やるべきことはきちんとこなして、その両立がすごくうまい人が多いなっていう印象を持ちました。

――最後に、高校生のみなさんへのメッセージをお願いします。

私は地方から受験したので、東大受験に関して情報量は少なかったと思います。でも、そういう情報が少ない地方の高校生のみなさんにも、あきらめずにぜひ受験をがんばってほしいなと思っています。

――地方の高校生に向けたメッセージ、ありがとうございました!

 

取材/2022年4月
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム