環境問題

環境問題

それはココで学べ!

#環境 #環境 #学ぶ #学ぶ

異常気象やそれに伴う貧困層の増加など、環境問題の原因究明と解決は、全学的に取り組んでいる研究テーマである。

まず、理学部では、なぜ異常気象が発生しているのか、異常気象が生態系にどのような影響をもたらしているのかといった環境問題の原因そのものに焦点を当てている。例えば理学部地球惑星科学専攻では、海洋や大気の流れのモデル解析やプレートなどの地球惑星表層環境システムの分析によって、気象現象や気候変動のメカニズムを解き明かそうとしている。

他方で、環境問題そのものより、解決法や社会への影響といった、より実践的な観点から研究を進めている理系分野が、農学部や工学部になる。農学部では、例えば農学部生物・環境工学専修が環境負荷の少ない食の配給システムや農業を研究している。また、工学部でも新しいエネルギーの形やシステムを研究しているところが多数ある。農学部、工学部の特徴は、環境と社会の中間に位置しているということだ。

他方で文系学部では、環境問題を人間側、環境経済や国際協力、環境対策政策から研究している。

経済学部では、貧困や国際格差解決を探る研究・授業が行われている。また、先に紹介した農学部と近い領域として、農業経済やフードシステムも扱われている。

文学部では文化環境学特殊講義が開講されている。文学部に文化環境学の研究室があるということではないが、環境問題への取り組みなどを社会学として捉えるとはどのようなことなのか、豊富な事例研究を用いた講義で学ぶことが出来る。

そして、大学院レベルになると、新領域創成科学研究科では、様々な専門知識の融合が目指されている。環境問題を技術で解決するエンジニアを養成する「環境技術者養成プログラム」、行政官や企業の管理職の立場で施策立案やリスク管理を行うための「環境管理者養成プログラム」があり、フィールド・ワーク実習も用意されている。また、国際渉外を担う人材のための海外派遣プログラムにも参加できる。

環境問題はほとんど全ての学部、分野が取り組んでいると言って過言ではない。もしも環境問題を解決したいと思うのならば、どの切り口から取り組むのかということに自覚的になる必要があるだろう。

参考リンク

農学部生物・環境工学専修
大学院新領域創成科学研究科環境システム学専攻

 

2018.10.22
文/学生ライター・佐藤咲良