• TOP >
  • 東大生インタビュー >
  • 新入生2019 >
  • 「医工学の技術で自分の生活が変わったことに感動。幅広い選択肢を知った上で進路を決めたい」――2019新入生インタビュー(6)理科一類

「医工学の技術で自分の生活が変わったことに感動。幅広い選択肢を知った上で進路を決めたい」――2019新入生インタビュー(6)理科一類

2019.07.30

新入生2019

#理科一類 #理科一類 #インタビュー #インタビュー

2019新入生梶谷さん

PROFILE

  • 氏名:   梶谷かじたに 優貴ゆうき さん
  • 出身校:  秋田高等学校
  • 入学:   2019年 理科一類

――東大を目指した理由は何ですか?

進学選択の制度に興味があったので東京大学を志望しました。東大を志望したのは高校生になってからです。

――周りには、梶谷さんと同じように東大を目指されているお友達が多かったのでしょうか?

東大を志望する友人はそれほど多くはありませんでしたが、高3になると学校で志望校別に指導を受けられる機会があり、切磋琢磨できる環境だったと思います。

――東大ではどんな分野を学びたいですか?

今は医工学に興味があります。興味をもったきっかけは、高3のときにコンタクトレンズを付け始めたことです。コンタクトレンズをつけるだけで、これまでぼやけてしか見えなかった物が鮮明に見えるようになり、その技術に感動しました。医工学の技術によって自分の生活が大きく変わったという実感があったので、自分もこの分野を学びたいと思うようになりました。
でもせっかく東大に入ったので、他の分野の講義もたくさん受けて自分の視野を広げたいです。幅広い選択肢を知った上で進路を決めていくつもりです。

――梶谷さんは秋田県のご出身ですよね。地方から東大を目指す女子高校生に向けて、応援のメッセージをお願いします。

まだ東大に入ったばかりなんですが、自分とは違う考え方とか、自分の知らない世界をもっている人に、すでにたくさん出会いました。そういう出会いは、この先の人生を生きていく中できっと役に立つと思います。地方から進学する女子はまだ少ないと思いますが、東大はこのようにすばらしい機会を得られる場所なので、ぜひ目指してほしいです。

 

取材/2019年4月
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム