• TOP >
  • 東大生インタビュー >
  • 新入生2019 >
  • 「将来の夢は大きく総理大臣。国の運営に携わりお年寄りも子供も健やかに過ごせる日本をつくりたい」――2019新入生インタビュー(2)文科一類

「将来の夢は大きく総理大臣。国の運営に携わりお年寄りも子供も健やかに過ごせる日本をつくりたい」――2019新入生インタビュー(2)文科一類

2019.07.30

新入生2019

#文科一類 #文科一類 #インタビュー #インタビュー

2019新入生中山さん

PROFILE

  • 氏名:   中山なかやま 創太そうた さん
  • 出身校:  大手前高松高等学校
  • 入学:   2019年 文科一類

――いつから文科一類を目指されましたか?

もともと法学や政治学にはずっと興味をもっていましたが、具体的に目標にし始めたのは高校1年生のときです。国の運営に携わることが目標なので、文科一類を目指そうと思いました。

――将来の夢は何ですか?

夢は大きく総理大臣です。少子高齢化が進む中で、お年寄りを切り捨てず、同時に子供達も健やかに過ごせるような日本をつくりたいと思っています。将来的には政治家を目指すつもりですが、まずは厚生労働省など、この問題に関連する省庁に入って経験を積みたいです。

――香川県のご出身ですが、これまで東大との地理的・心理的な距離を感じたりしたことはありませんでしたか?

あまり距離を感じたことはありませんでした。受験勉強の条件は全員同じだと考えていたので。

――これから東大を目指している高校生へのメッセージをお願いします。

東大は何と言っても最高学府ですから、すばらしい教育と教授陣が揃っていると思います。ここで勉強して将来役に立たないものは絶対にないと信じています。ぜひ皆さんも東大を目指して頑張ってください。
 

取材/2019年4月
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム