「幅広い興味に対応できる東大へ。教養課程で学びながら自分の将来を見つけたい」――2022新入生インタビュー 文科一類

#学生インタビュー #学生インタビュー #文科一類 #文科一類 #新入生 #新入生

伊藤杏珠さん

PROFILE

  • 氏名:   伊藤杏珠さん
  • 出身校:  岡山県立岡山朝日高等学校
  • 入学:   2022年 文科一類

――東大を目指そうと思ったきっかけはなんでしたか?

高校1年の時に、東大に進学した卒業生が母校訪問に来られて、お話をうかがう機会があったんですけど、そのときに初めて進学選択制度があることを知りました。私はまだ将来の夢も決まっていなかったので、前期課程で学びながら柔軟に対応できるのはとても魅力的だなと思ったことが東大を選ぶひとつのきっかけになったと思います。

――先輩の話を聞いて、ほかにも印象に残ったお話はありますか?

その先輩は女性の方だったんですけど、志の高い仲間と勉強していることやサークルについてもお話をされていて、東大は女子が少ないと聞いていたけど、大学生活をとても楽しんで過ごされていることを知って、とても憧れました。私の高校では、受験者向けのガイダンスが結構あって、そこでいろんな先輩のお話を聞くことができ、大学生活もイメージしやすくて、とても参考になりました。

――では、将来については、これからいろいろ学んでから決めていかれるんですね。

そうですね。今は文系ですけど、オムニバス形式の「住環境の科学」という授業を受けて、その影響から農学部にも興味が湧いてきました。これから2年間、興味のある分野を幅広く学んで、進学選択に向けて考えていきたいです。

――高校時代はどのように過ごされていましたか?

陸上部に所属していたんですけど、週6で部活があって、高校3年まで続けていたので、勉強との両立が大変でした。でも、その中で、運動した後に勉強をすると、思いのほか記憶に残っていることがわかったし、やらなければいけないことと、やらなくてもいいことの区別もつけられるようになりました。自分なりに短期集中で効率よくする勉強法が見つかったのは部活もしていたからこそというのもあると思います。

――サークルや課題活動でやりたいことはありますか?

部活は躰道部に興味があります。東大の運動会のHPで演技をしている映像を見てすごくかっこいいなという印象を受け、全国学生大会で13連覇もしているらしいので、まずは体験に行ってみようと思っています。ほかにも、以前、法学部の先輩から1年間留学して海外の大学で法学の授業を受けたというお話を聞いたので、機会があれば、私も留学してみたいなと思っています。

――最後に、高校生へのメッセージをお願いします。

東大にはすごく面白そうな授業がたくさんあって、前期課程の2年間は興味のある分野を幅広く学べます。そこから進学選択で学部や学科を決めるので、大学に入ってからでも、自分の本当にやりたいことや学びたいことを探すこともできます。まだ自分の目標が決まっていない人にも東大を目指して、ぜひ頑張ってほしいなと思います。

――ありがとうございました!充実した4年間にしてくださいね。

 

取材/2022年4月
インタビュー・構成/「キミの東大」企画・編集チーム